ようこそ、多紀小学校へ(6年生)

4日(月)の2時間目に酒井市長が来校され、丹波篠山市の魅力をたくさんお話しいただきました。何気なく過ごしている生活の中に「当たり前」だと感じていたことが「当たり前ではない」よさであることにも気づけた1時間でした。最後には『まるいの』が登場し、みんなで楽しくデカンショを踊りました。

道徳で、「固定概念だけにとらわれて友だちを判断するのではなく、良い面や個性を受け入れようとする態度」について考えました。

主人公の「わたし」が、おとなしい友だちに対しての気持ちを、時間の経過に分けて、水色・黄色・ピンクの付箋に順に書いていきました。

タイピングもだいぶできるようになり、多くの友だちの意見を共有することができました。

多紀歴史探検隊2(6年生)

28日(火)に第2弾の歴史校区探検にでかけました。この日も天候に恵まれ、青空の下、各地区の歴史について学びました。自分の住んでいる地区の昔に触れ、「社会の教科書に載っていることがこの地でもあったんや。」「このあたりは、昔々は海の底やったんや。」と、いろいろ思いを馳せたようです。

自然学校最終日午後

海の文化館で漁に使う道具の実物を見ながら漁業の勉強をしました。
また、魚の標本を見ながら生態についても教えていただきました。
竹輪づくり体験では魚のすり身を練るところからがんばって、ほくほくの焼きたての竹輪をおいしくいただきました。
漁港でお弁当を食べて、帰路に着きます。

全員、元気です!

3日間、自然の中でたくさん体験して、ちょっぴりたくましくなりました。皆様、ありがとうございました!

自然学校最終日午前

柴山港を見学しました。
沖合漁業の漁船見学、底引き漁で取れる魚のタッチプール、魚を冷やす大きな氷を力を合わして溶かす体験、冷凍庫に入って濡れたタオルを振ってどうなるかの実験などを行いました。

全員元気です!

自然学校2日目午後

宿に帰ってから、みんなでジェンガをしました。
チーム対抗です。ハラハラドキドキ、ジェンガを抜くときは緊張の一瞬です。
その後、竹野海岸で浜遊びをしました。
海の水は気持ちよく、笑顔いっぱいで楽しみました。
たくさん活動した5年生。晩ごはんがおいしかったのは言うまでもありません。
晩ごはんの後は、夕焼けを見に出かけます。

全員元気です!

自然学校2日目午前

5年生自然学校2日目は、城崎マリンワールドで活動しています。
アジ釣り体験で釣り上げたアジを天ぷらにして食べました。新鮮なアジはとてもおいしく、何びきもおかわりしました。
海の生き物にたくさん触れあいました。中でもトドについては、詳しく解説していただきました。大変大きなトドが豪快にダイブする姿は迫力満点でした。

全員元気です!

自然学校1日目午後

午後のプログラムは、磯観察です。磯の生き物をハンターの目つきで一生懸命に探す5年生。
ヤドカリやウミウシ、フナムシなどたくさんの生き物を捕まえました。
また、今、海辺に打ち寄せている夜光虫が発光するところも真っ暗な部屋で見せていただき、驚いていました。
クモヒトデやナマコ、ドチザメなどたくさんの海の生き物を触って、生態や特徴などを教えていただきました。

宿についたら、すぐにお風呂タイム。スッキリ汗を流して、水着を自分で洗って、今から待ちに待った夕食です。

全員元気です!