多紀歴史探検隊、出動(6年生)

22日(水)は天候に恵まれ、3地区チームに分かれて歴史の校区探検をしました。自分たちで計画を立て、講師先生を見つけ出して交渉し、今日を迎えました。「行ってらっしゃい。」「バイバーイ。」と声をかけ合いながらそれぞれ出発し、福住チームは籾井城跡で、村雲チームは荒木城跡で、そして大芋チームは櫛石窓神社や豊林寺で学び、帰校後は楽しそうに体験したことをあちこちで話していました。地域の方々のあたたかさにふれた半日でした。探検はまだ続きます!

水はどこから?(4年生)

丹波篠山市上下水道課の方々の出前授業を受講しました。わたしたちの生活に欠かせない水の学習を4年生の社会で学びます。どのように水が作られて、また、使った水はどのようになるかを知りました。いつまでもきれいな水であるために、節水することやできるだけ汚れを出さない工夫が必要であることを学びました。

チョウが羽化しました! (3年生)

アオムシコマユバチにチョウの幼虫がやられてしまい、なかなかサナギにまでもなりませんでした。

しかし!!週末中にやっと2羽のモンシロチョウが羽化しました!!

朝から大興奮!!ランドセルをしょったまま、職員室にまで報告をしに来てくれました!

みんなに大きな空に飛んで行ったチョウに、

「元気でね~!!」

と大きな声で言い、お別れをしました。

学校と同い年?!(2年生)

6月19日は、多紀小学校の創立7周年記念日です。

今日の給食では、静かに牛乳で「かんぱ~いっ!」

学校も7歳?!とびっくりした2年生は、学校をきれいにしてあげよう!と一生懸命そうじしました☆

文章の要旨をまとめよう(5年生)  

国語科で「動物たちが教えてくれる海の中のくらし」という説明文を学習しました。文章の構成を捉え、要旨(大事なところ)をまとめ、みんな伝え合いました。また、友だちの意見を取り入れ、さらに分かりやすいものにしていきました。児童は、「みんなの要旨をクロームブックで見ることができて分かりやすかった」と感想を持ちました。

わっかでへんしん!(2年生)

図工の時間に、わっかでへんしん!をしました。画用紙で作ったわっかに塗ったり、貼ったり・・・わいわい盛り上がりながら変身しました!変身した後は、いろいろな先生にお披露目。恥ずかしかったけれど見てもらえてうれしかったよ!と大満足でした。

多紀歴史を学ぶ(6年生)

9日(木)5時間目に福住、村雲、大芋からそれぞれ講師の方々を招聘し、それぞれの地区の歴史について学びました。今回は保護者の方々と共に学ぶ参加型の参観日でもあり、子ども達の聞く姿は一段と真剣でした。久しぶりに小学校で授業を受けられた保護者の方々からも、子ども達はよい刺激を受けられた1時間でした。

黒大豆を植えました!  (3年生)

丹波篠山市と言えば、黒大豆!

篠山東雲高校の3年生4人が教えに来てくれました。

黒大豆にも「へそ」があり、びっくり!それを下にして、根が出やすいように植えました。

たっぷり水をやって、2週間後に畝に植えます!芽が出ますように!

どっちかな?(1年生)

二つの紙コップに入った白い粉。どちらがさとうで、どちらが塩か、触ったり匂いを嗅いだりして考えました。「甘い匂いがするからさとうや!」「ざらざらしてるからこっちが塩かな。」など、感覚を研ぎ澄まして考える表情は、真剣そのもの!国語の学習での一コマです。

自然学校(日中活動)(5年生)

6/1(水)に「泊まれる学校おくも村」で自然学校(日中活動)を行いました。班活動の役割決めや藍染めTシャツ作成、ドッジボールなどの活動を通して、絆を深めることができました。子どもたちは完成した「藍染めTシャツ」を見て、「これを着て自然学校(2泊3日)頑張るぞ!」と気持ちを高めていました。